書籍・雑誌

2015年5月 6日 (水)

積ん読用か

読む時間もないのに、また書物購入。

『日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族』

深谷敏雄・著(集英社)、

51scpejv98l__sy344_bo1204203200__2

『私が最も尊敬する外交官 ナチス・ドイツの崩壊を

目撃した吉野文六 』                佐藤 優        講談社                                    

楽しんでいる。ついでに積ん読用に購入して

してしまいます。先だっては、バーゲン本の仏書を7冊ほど

購入、1冊500円の高値でした。 以前には、

とある本屋で200~300円程度で購入したことが

あります。その時は歴史本で良いのが入手できました。

今回のものは、roman、non-fictionnelles でした。

 最近、以前に数万円で、経堂のロシア学院で

購入した全集が積み上げた、資料・書籍の間から

出てきました。

ドストエフスキー全集 30巻 5万円 Ⅱ 2010.07.13

2015年4月 6日 (月)

「耳穴診断治療学」

 書籍の整理をしていたら、昔使っていた、「耳穴診断治療学」

 (科学技術文献出版社 1993年刊)が出てきました。

 紙質が古く、装丁も粗末ですが、書籍の内容はレベルが非常に高く、

2000年以降に出版されたものに比べて、段違いに優れたものです。

 購入した頃、滞在していた北京で、人民解放軍病院の馬とかいう医師の

耳穴の診断・治療が素晴らしく、この人の治療の研修に出入りしていた、

日本人学生が毎日、大感激して、留学生寮に戻ってきていた話を聴いています。

 

2015年3月29日 (日)

日高 義樹の「現行・憲法の本」

 

アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相

(PHP文庫)2015/3/4 日高 義樹

51gmp5n4xil__aa160_

 愚見: 日本によるrevenge 封じかと想っています。

2015年2月 8日 (日)

アトピーは和食で治せ!

「アトピーは和食で治せ!  (角川oneテーマ21)                                 新書」                              

2015年1月 1日 (木)

UCG 修行 Ⅱ

開けばわかる心エコーポケットアトラス                                                                                    

 Thomas Bohmeke、Ralf Doliva (著)

増山 理 (監訳)

 南江堂 

訳本ですが、非常に簡明に手技の

コツが解説され、挿入された写真、絵図が

非常に優れており、「開けばわかる」と

理解を深めてくれる。

Photo


UCG 修業 Ⅰ(2014.11.16)

2014年8月30日 (土)

あてて見るだけ!劇的!救急エコー塾

あてて見るだけ!劇的!救急エコー塾

  ABCDの評価から骨折、軟部組織まで、ちょこっとあてるだけで

役立つ手技のコツ

 

 羊土社

 鈴木昭広/編
定価 3,600円+税

A5判
189ページ

9784758117470


 これからの医師には、エコーは絶対必要な医療技術で、
学生時代から、機会があれば画像診断術に出来るだけ
親しむべきでしょう。一昔前はエコーの利用価値は無いと
思われていた肺に対しても、無気肺を始め色々と探求・
工夫がなされ、診断に積極的に使用されて
いる状況です。
 当然、心臓、骨、関節系の疾患の情報として
非常に多くを語ってくれます。

      

2014年8月24日 (日)

北京のモリソン

シリル・パール著/山田 侑平、青木 玲 訳
北京のモリソン
 激動の近代中国を駆け抜けたジャーナリスト

白水社刊  ¥3600

08153l_morisson

2014年8月16日 (土)

ミッドウエイの神風

 この8月初旬に森村誠一の「ミッドウエイ」を

成城の三省堂書店で見つけました。

あの悲しい、悲劇的な戦闘の全貌を見事に語っていました。

 勝ち誇る、連合艦隊に、窮鼠にも似た米国・海軍側が

まさに桶狭間の信長軍に比することのできる、必死の心情で

もって、わが勝ち誇る帝国海軍に挑み、見事な待ち伏せ

・だまし討ちで、わが空母4隻を葬った史実は読んでいて

悔しいのですが、神風が米国側に吹いたとしか思えません。

桶狭間で首級を失った今川義元に擬されても良い大失態、

「加賀」「赤城」「蒼龍」そして「飛龍」と、日本側機動部隊の

主力が見事に討ち取られました。

 ドジが続くとこんなものか、まさに危機管理が

なっていないという、大事例です。昭和の軍人の奢りが

そうさせたのでしょう。珊瑚海海戦で、戦慣れせぬ、

米海軍・空母群に完勝できなかった、その負け戦の

学習が出来なかったのでしょう!! 索敵不備、暗号の

漏洩問題など、怠慢・失態に加えて、驕り高ぶる山本五十六以下は

前の会戦の敗因を是正できず、兵力・練度など劣悪の状況下にあった、

アマチュアに近いスプルーアンスたちに、その果敢な特攻精神の下、

神風を呼び起こさせ、当時世界最強であった機動部隊の

主力空母4隻を一挙に海の藻屑とされてしまったのでした。

  • 70 ans après la Bataille de Midway Ⅱ 2012.07.31
  • 70 ans après la Bataille de Midway 2012.07.24
  • 2014年8月14日 (木)

    ミッドウェイ 森村誠一

  • 永遠のゼロ 2012.01.05
  • ミッドウェイ 森村誠一

    (講談社文庫)

    先日読了! 森村版ミッドウェイ、史実は正確、詳細に
    辿っており読ませてくれますが、小説の部分のプロットが
    なんか、青二才の文士が気張って作り上げたような
    野暮くさい印象で、あまり、いただけませんでした。

    「永遠の0」の方が小説の部分など含め読み応えが
    ありました。

    51i0ecvbzul__sl500_aa300_

    2014年7月16日 (水)

    いますぐ使える! 外来診療 小ワザ 離れワザ

     

     赤ひげ医者により、離島での医療活動から編み出された

    how-toものの外来診療手技(小技・離れ業)の紹介書です。

         非常に示唆に富む医書でした。

    自治医大出身の医師、白石吉彦(しらいし・よしひこ) 、

    隠岐広域連合立隠岐島前病院院長が

    隠岐の孤島で、悪戦苦闘しながら、編み出したオリジナルな

    医療方法・手技を紹介してくれています。

      それから新たな手技や知識の吸収に対しての、著者の

    貪欲な態度には、見習うべき点が多いにあります。

     また超音波検査機器をトコトン利用して、成果を

    あげている様子には比重に共感を覚えるところです。

     著書の中で経食道心臓超音波検査にも言及しており、

    その行間から臨床医としての並々ならぬ実力が感じ取られます。

    9784521739588

    より以前の記事一覧