心と体

2015年4月19日 (日)

仙女さん来院

      この土曜、100歳のWさんが自由が丘に
    来診してくれました。 その間、娘さん、お婿さんなど
    時々、診療に来てくれていたのですが、お婿さんに伴われて
    いらっしゃいました。現在、自宅近くの老人ホームに入居して
    いるということでした。杖をついての移動が可能で、
    食欲旺盛との事でした。 UCGを拝見しましたが、
    A弁、MS弁ともにゆゆしい変化は無く,  右心室を含め、心臓の
  の拡張・収縮もしっかりしており、心臓に関して問題なしと判断しました。
     あとは数年は大丈夫な印象を持ちました。しかし、認知が
    進んでいるのが残念でした。「当方の覚えはあるが、
    頭がおかしくなっているので、わからない」という答えでした。
    一人娘さんの名前も思い出せない状態でしたので無理有りません。
   93、4歳位までは、シャープな頭脳を誇り、ご自分で薬の管理も
  出来ており、お好きな 漢方薬も、その名称、効能も頭にきっちり
  入っていました。
        両下肢のリンパ浮腫が始まっており、積極的な治療は控え、既存の
  洋薬を継続し、漢方薬のみを併用として当科から処方しておきました。
   

    お風呂など一人で熟せるとのことでした。
     まぁ、仙人のお一人にcountしてあげたく思います。

2015年3月31日 (火)

耳鍼

 耳の置き鍼で、肝・腎を刺激するようにしていますが、

結構、手応えがあり、とくに年配者からの要望が

強く、若返りに使えそうです。

2015年3月23日 (月)

紅皮症 3例

この週末、出先でアトピー性皮膚炎の最終段階、

紅皮症になった方を3例拝見しました。

1例は3年前から当方が煎じ薬で治療している

女性です。この冬の乾燥時期に増悪をみて

いたものが何とか肌の潤いが戻ってきて

くれています。

 40台女性の新患。アトピー性皮膚炎が

継続している方で、30歳代後半にADが

ひどくなり、3年ほど社会生活ができなかったようで、

薬局の漢方治療で、なんとか回復させて社会復帰

できたようです。皮膚の状態は無残です。

色素沈着が全身性にひどく、エキス剤で

何とか持って行けるかと判断しました。

 最後は40台の男性で、紅皮症真っ盛りの

状態でした。この花粉の時期で、ちょっと症状が増悪して

いるとの事でした。長期化しているので、ご当人は

外観など気にしていない状態でした。

 そうそう、今回、初っぱなのケースは、自家中毒をおこす

慢性皮膚炎が通常の西洋薬治療では直らず、漢方治療に

たどり着いて、なんとか改善をみた中年男性のケースでした。

2015年2月15日 (日)

眼瞼痙攣 

 70台のOさん、昔からのmaladeですが、

右耳の耳針が見事に効果があった様子です。

眼瞼痙攣 (2014.09.30)

Valantine 

 先の土曜日午後、79歳のSさんがチョコレートを携えて、

訪問してくれました。

昨年夏頃は、背中・腰の痛みを訴えて受診されましたが、

今回は、その後の経過良好との報告など携えて、お一人で

顔を出されました。患者さんの内の成城組。成城の

病院で診ていた方々で、今年になって、数年ぶりで診察を

受けに奥沢にいらっしゃる方が続いています。

2015年1月23日 (金)

修養 修業 そして鍛練

 最近、80、90歳代の方を拝見していて、

思うのは、老後は修養・修行そして鍛錬に

尽きるかと思います。人間としての

完成を目指すのが、80,90歳の

生き様として、お薦めかと感じ入っています。

90歳を超す方々を、見ていて思うことです。

立派な超高齢者の生き様を追求したいです。

2014年11月 3日 (月)

四肢の痙攣

 この春から診ているHさん、60台才半ば

若いときからお悩みなっていた、両方の手指の痙攣が

改善傾向にあります。 漢方の驚くべき効用です。

しかし、ご本人も、生活環境を整え、早朝の散歩とか

心身の若返りに努められています。その一連の生活

管理の効果か、膝痛も軽減、ほぼ消失しているようです。

脚挙げ 千回効果が出ている様子です。

漢方は甘麦大棗湯、芍薬甘草湯などを使っています。

 運動神経系の失調、脊髄・小脳の回路に微妙に

漢方が作用すると考えます。

 

  眼瞼痙攣  2014年9月30日 (火)

2014年9月30日 (火)

眼瞼痙攣 

 60才少々の女性、複数のお孫さんあり。

この夏に、片側の眼瞼痙攣が発現し、漢方で

10年以上、診療している方です。喘息、高血圧、膝

関節炎etc有り。 其れまでの漢方薬を微調整して、

抑肝散(柴胡・朮・茯苓・川芎・当帰・釣藤・甘草)を

加えて処方したら効きました。

あっという間にこの不愉快な症状が雲散霧消したとの

ことです。

2014年9月16日 (火)

心臓検査

  • 夢の1万回(2013.11.28)
  •  素敵な78才を過ごされている、Sさん。定期的に心臓を

    チェックしています。 脈の結滞がひどいのですが、

    元気にされており、最近、 24時間の心臓ホルター検査に

     UCGを受けて貰っています。 上室性の不整脈が多発して

    いるのですが、現役で築地で魚河岸のお店を切り回しており、

    ご本人はなんら異常を訴えることなく、睡眠・食欲・排便良好で

    なんら、錠剤を与えないで対処しております。

    2014年8月18日 (月)

    生理不順 温経湯

     最近、温経湯が若い女性の月経困難症によく効いています。

    衝脈 任脈の冷え・疎通障害が増えているのでしょうか?

    また軽いおQに良く反応してくれます。

    より以前の記事一覧