花粉症・アレルギー

2014年8月18日 (月)

アトピー治療中の方の参考に

ブログ [アトピーだって我が道を行く]

0歳の時から始まる、アトピーの経過、約40年が

記されています。非常に参考になると思います。

商業ベースの魂胆が見え隠れする、アトピーのサイトが

結構ありますが、ここは純粋にその経過を

語っています。

2014年7月21日 (月)

アトピー来院 増えてます。

最近、アトピーの重症例が結構来てくれます。

「大学病院に行っても、仕様が無いので」などと

言って来てくれる方もあります。

 

 煎じ漢方などを駆使して期待に応えています。

何故か重症例が多く来る様子です、なにか

嗅ぎつけて来院するのでしょうか?

2014年6月22日 (日)

顔面紅皮症

   今月になって、煎じ薬適応の
 アトピー性皮膚炎症例が増えています。
 どこに行っても直らないと治療をあきらめている
 女子高生に煎じ処方を行うと、覿面に
 カサカサのゴワゴワ肌に潤いが生じてくるので、
 喜んでくれています。
 
    最近、慢性・難治性のAD症例が集まって
 来られています。

  今日も、40歳過ぎの男性のADで、顔面の
 紅皮症状態でまた喘息様の呼吸器症状も
 時々に出るというケースを診ました。抗アレルギー剤など、
 近医で処方されていましたが、それでは直らないでしょう。
 当然、煎じ薬の投与です。

煎じ液 Adieu !!

 

大学生になったN君

 大学3年生、自転車部に属して野に山に、自然を
楽しんでいるとのことです。
 現在は肘・肩に軽い湿疹がでる位で
この蒸し暑い時期をうまく乗り切っている様子
でした。

 外用薬もベシカム軟膏少量の塗布で、
済んでいることで、万歳万歳でした。件の
顔の肌など健康的で綺麗な状態でした。

顔面の酷いアトピー性皮膚炎 極度の掻痒例 2010.06.08

2014年4月13日 (日)

花粉症撃退 (煎じ漢方)

口唇を中心とした顔面の皮膚炎  (2014.02.24)

 煎じのお陰か、例年の酷い花粉症が全く

影を潜めている由。アレルギー、熱反応の

抑えが聴いているようです。

 煎じは、治頭瘡一方加減です。

2014年3月30日 (日)

アトピー性皮膚炎 発症 Ⅱ  牛乳の過剰摂取

アトピー性皮膚炎 発症

 昨日来院、 痒みなど大幅に改善。

所で、お父さんが言うには、牛乳の摂取を煽っていたことも

原因の一つだったようです。成長の為には

牛乳は欠かせないのが古くからの定説ですが、

今様の慢性皮膚炎のお子さんなどの場合、一時的に

摂取を止めることも必要です。このケースも

痩せた体型の男子でしたが、脂肪肝を認めて

います。

 栄養の摂り過ぎに運動不足がベースにあります。

標治だけやると、失敗します。

2014年3月28日 (金)

アトピー性皮膚炎 発症

  中学生の反抗期のお子さんが、それまで、ご両親の
 指導・監督のもとで、健康的な食事を摂取していたのが、
 ご両親の意思・意見を拒否して、自分好みのもののみを
 食していたところ、見事にアトピー性皮膚炎を発症しました。
 
 

  今の若い人の肌の問題、ADやらニキビ(小学生ニキビ)は、
 「食品が関与する」というとらえ方に意を強くしています。
 
  アトピー性皮膚炎の食事との因果関係を是認出来ない
 スタンスでは、アトピーは減っていくことは無いでしょう。

2014年3月23日 (日)

大物のAD 二例

①乳幼児期からの女子大生AD

    本日、大物のADを見ました。
    大学1年生の女の子。顔から足先まで
    多発性の紅斑に、色素沈着斑、皮膚肥厚・粗造と
    全身性のアドピーでした。例の土佐清水にも
    行って入院治療も受けた由。3ヶ月で元の木阿弥
    状態にもどったとのことでした。
      現在もS剤入りの外用薬に頼っているようで、
    まずは、一般的なエキス漢方薬でアプローチです。
     抗アレルギー剤も併用です。

② 20才で発症の大物AD

  現在29才。 カポジ水痘症様皮膚炎を数回
 経験と、また単純疱疹は年に数回は発症させている
 由。顔から脚まで、全身性のADでした。現在はそれ
 なりに安定とのことですが、赤っぽい乾ききった
 皮膚をみていると、なんどこんない酷いアトピーが
 増えているのか、この国の医療・厚生行政のやり方に
 腹が立ってきます。

2014年1月19日 (日)

白もの食品

 マクロビオティック La macrobiotique  の観点から

避けるべきものとして、有名な白い食品、白米・砂糖・食パンが

あげられていますが、私見ですが、当世では、白い牛乳が

加わるかと思っています。牛乳の過量摂取でアトピーに

なった方が少なからずいます。たとえば、親御さんに

薦められて、「中学生時に牛乳を多量に飲んだのが

原因だと思う」など、その手の発言を患者さんから

聞き及んでいます。小学生ニキビなど、私は先ず、牛乳摂取に

ストップをかけております。

 乳牛の摂取する飼料などに問題があると思っています。

また、乳牛自身に対して、抗生物質・成長ホルモン剤などの

不適切な使用が行われていた可能性など否定出来ないと

思います。

  北米、とくに米国産の家畜の食餌などに、昔から疑念を

抱いています。また噂によれば、H社の高級アイスクリームには

ホルモンまみれのミルクが使われているとか。。。

検証が必要と思います。厚労省が重い腰を上げなくては。。

2013年11月19日 (火)

アトピー性皮膚炎の急性・重症症例

アトピー性皮膚炎の急性症例(20代男性)

 約一ヶ月で8,9割の改善をみました。頭部の

滲出液も止まり、紅皮症寸前の状態で

当科に来診されたのですが、上半身の紅斑、

痒みを含めて、何とか改善に持ち込めました。

紹介してくれた"grand ma" Tさんに面目が立ちました。 

エキスに煎じにとありとあらゆる手段で、総合的に

大火事状態の皮膚の鎮火に努めました。

 ご本人も、食事療法・体力造り(健康な皮膚造り)など、

当方の指導に従ってくれたので、良かったかと思います。

想像以上に早い改善をみました。漢方冥利につきます。

アトピー性皮膚炎の急性症例

より以前の記事一覧