« 90才の回復 Ⅱ | トップページ | 白寿を快適に »

2015年6月13日 (土)

皮膚科QQ

 社会人1年生、何故かこの6月に 体調を

崩して、当科の夜間QQ、それも終了ギリギリに

駆け込んで来るケースが結構あります。

 皮膚系の重症例も来ています。多忙で

日中に受診の機会が無く、かなり酷くなって、

どうしようもなくなってから来院となるようです。

当方の方針で、S剤は使わないと、初っぱなに

治療内容を納得させて、治療を行いますが、

この所、重症例3例を劇的に改善させることが

できております。漢方様々です。 それと

肉食の回避と、甘みの回避、そして野菜・魚の

摂取が非常に効果的です。牛乳など乳製品の

摂取禁止も改善に利しています。 S剤を使わずに、

急性重症例(ステロイド剤の点滴静注が必要と

されるようなケース)を上手く改善させるには、

食事指導がキーポイントになります。

  生活行動の改善に留意せず、ステロイド剤を

安易に投与する馬鹿な、愚かしい治療は、

「とんでもない治療との」思いを強くしております。あくまで

健康的で丈夫な肌(皮)作りのスタンスで皮膚科

漢方診療を実践中です。

« 90才の回復 Ⅱ | トップページ | 白寿を快適に »

QQ医療」カテゴリの記事