« 天麻 Ⅱ | トップページ | 32 bit PC »

2014年2月24日 (月)

口唇を中心とした顔面の皮膚炎  

 K君、17才、昨年10月頃から、口唇を主にした

皮膚炎が発症してきました。おかぁさんがその前に、

顔面から上半身にかけて、難治性の皮膚炎になり、

わざわざ、日光からご主人の車で、治療に通われて

なんとか半年かけて、改善させた経緯がありました。

 で、お子さん、受験で心身ともに、消耗させる時期に入って

その弱い部分に、腫脹・紅斑・乾燥・肥厚などの病態を有する

皮膚病変が生じてきました。始めはエキス剤で何とか

成っていたのですが、正月明けに増悪して、顔全体に

赤みが広がり、特に口唇部は痛々しい程に紅く腫れあがり、

カッパのクチビル様になってしまいました。

 こうなったら、煎じ葯(漢方薬の原液)しか方法は

有りません。治頭瘡一方(連翹・朮・川芎各3;防風・

忍冬2;荊芥・甘草・紅花各1)をベースに煎じ漢方を投与しました。

この日曜日に再診に来られ、見事な改善を見せて

くれました。 お父さんの話では、服用10日目から

赤みが退いてきて、肥厚・粗造も軽減して、潤った

肌が戻ってきたとのことでした。

« 天麻 Ⅱ | トップページ | 32 bit PC »

美容・コスメ」カテゴリの記事