« ADSL回線不通 | トップページ | 紅皮症 Ⅱ »

2011年5月22日 (日)

紅皮症

      最近、紅皮症症例を
    連続して経験しています。
   
     紅皮症とは重症皮膚炎として最終ステージで、
    場合によれば入院治療が必要とされるほど
    最悪の皮膚の状態を呈します。
   
     本日、中学時の発症のアトピー性皮膚炎で
    案の定、ステロイド剤で何とも行かなくなり
    ご自分でステロイドを止めて、それから
    漢方を求めた若い男性を診ました。
   
   全身性のアトピー性皮膚炎で、
    皮膚肥厚、粗造、破痕、熱をもった広範囲の
  紅斑、黒ずんだ皮膚、痒みも酷く、社会人と
  しての生活をよくこなしているものと
   感心しました。顔面は比較的綺麗だったので
  会社に行けてるのでしょう。項、背中、
   腹部、上肢、下肢とひどいものでした。     

      抗アレルギー剤を併用しながら、
    石膏中心の方剤で、清熱涼血解毒、

     身体の蓄熱を捌いて 
    いくのが治療方針となります。
   

  http://homepage2.nifty.com/blacjack/page230.html

     

« ADSL回線不通 | トップページ | 紅皮症 Ⅱ »

花粉症・アレルギー」カテゴリの記事